礼拝

礼拝(に)は、ギリシヤ語で二つの言葉が使われています。
ひとつは、ヨハネの福音書4章23節「偉大な神にひざをかがめ、その栄光を褒め称える(worship)、 もう一つは「仕える、奉仕する(service)」(ローマ人への手紙12章1節)です。
私たちは、主の復活された日曜日を主日として祝い、共に主を(賛美し、ほめたたえる)セレブレーション の時をもっています。
(また、礼拝はクリスチャンにとって)聖霊(神の霊)に満たされ、神の愛と恵みを体感する時であり、
「力を受けて世に派遣される」時です。
そして、一人一人が「置かれた場所」に遣わされ、聖霊の力によって
「隣人を愛し」「福音を伝え」ます。

主日礼拝 毎日曜日午前10:15から
 原則第一主日 聖餐式礼拝

 CS(教会学校)は、礼拝後に行っています。
主日礼拝には、赤ちゃん(ナーサリールームでお母さんと一緒)から参加できます。
ぜひ、初めての方は受付にお寄りください。

ページの先頭に戻る

お気軽にお問い合わせください

TEL 0797-31-2093

〒659-0051 兵庫県芦屋市呉川町2-5

お問い合わせはこちら